平成17年5月、彩の国酒造り学校が開校しました。彩の国酒造り学校では、埼玉県内酒造会社に勤務する若手技術者を対象に、醸造技術に関する講義や実技指導などを2年間かけて行います。

 受講者は、2級酒造技能士の資格取得を目標にし、酒造技術の向上を目指します。第5期生は、平成28年2月に2級酒造技能士の試験を受験し、受験者全員が合格するという快挙を達成しました。

今までの卒業生は
 第1期:18名
 第2期:18名
 第3期:14名
   第4期:17名
   第5期:13名
 合 計:80名
 となっております。

現在、第6期生19名が、熱心に技術の研鑽を積んでおります。

【2級酒造技能士実技試験の模様