埼玉県には荒川と利根川という2つの大河が流れており、県内の酒蔵は荒川水系と利根川水系の伏流水を用いて酒を仕込んでおります。利根川水系に比べて荒川水系の方がやや水の硬度が高いようですが、全体的に埼玉県の水は軟水のため酒質はやわらかく、口当たりの良いまろやかな酒ができます。















近年、埼玉県産業技術総合センター北部研究所で開発された酵母は吟醸酒造りに大変適しており、全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所主催)においては、埼玉県の高い入賞率に一役買っております。また、平成17年から「彩の国酒造り学校」が開校しました。彩の国酒造り学校では、埼玉県内の若手の酒造技術者を集め実地研修や室内研修などの数多くのプログラムを行い、県内酒蔵の醸造技術向上に努めております。杜氏の伝統的な技と若い技術者の豊かな感性が織り成す今後の彩の国の地酒に大いに注目してください。








平成16年、埼玉県で新しい酒米が開発されました。「若水(わかみず)」を父に「改良八反流(かいりょうはったんながれ)」を母にもつその米は「さけ武蔵」。さけ武蔵は大粒品種であり、「心白(しんぱく)」という米粒の中心に円形の白い不透明部分があるのが特徴で、良質の麹を造ることができるため酒造りに大変適しております。